市場ニュース

戻る
2015年11月24日15時34分

【為替】東京為替:ドル下げ渋り、日本株の堅調に反応薄


日経平均株価が後場切り返し、節目の20000円に接近したものの、ドル・円は弱含みが続いた。午後は122円70銭台でもみあう展開となった。12月以降の米利上げペースに関する材料が乏しく、利益確定売りが出やすい地合い。一方で、押し目買い意欲も強いことから下値が堅く、狭いレンジ内での値動きとなった。欧米市場では、原油安の影響を受けたユーロなど主要通貨の値動きに振らされやすい展開となろう。


なお、ユーロ・ドルは1.0620ドルから1.0645ドル、ユーロ・円は130円36銭から130円80銭で取引された。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均