市場ニュース

戻る
2015年11月20日13時33分

【市況】13時31分時点の日経平均は46円安、OTSが売買代金でトヨタに次ぐ2位に


13時31分時点の日経平均は前日比46.22円安の19813.59円。後場下げ幅を縮めてスタートした後は、19800円台を維持しての推移が続いている。一時17.12円安の19842.69をつける場面もみられた。3連休を控え積極的なポジションを取りづらいなか、押し目買い意欲の強さが伺える。日経平均が下げ幅を縮める一方、マザーズ指数はやや伸び悩む格好に。

売買代金上位銘柄はやや売り優勢。昨日ストップ高をつけたOTS<4564>が売買活況で、全市場売買代金ランキングでトヨタ<7203>に次ぐ2位となっている。また、小野薬<4528>、コーセー<4922>が後場一段高。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均