市場ニュース

戻る
2015年11月20日13時33分

【為替】東京為替:ユーロは底堅い、「パリティ割れ」観測に逆行


ユーロ・ドルは、前週末のパリ同時多発テロ後、18日には直近安値を下回って一時1.0617ドルまで下落。1ユーロが1ドルを割り込む「パリティ割れ」観測が強まった。しかし、前日はショートカバーのユーロ買いが入り、値を切り上げている。ある邦銀関係者は「パリティ割れの観測が出始めるとユーロは反転する」と述べ、さらに上昇に向かう展開を予想する。


なお、ドル・円は122円87銭から123円05銭、ユーロ・ドルは1.0710ドルから1.0739ドル、ユーロ・円は131円68銭から131円96銭で取引された。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均