市場ニュース

戻る
2015年11月19日16時46分

【市況】マザーズ指数は大幅に3日続伸、本日IPOのロゼッタとあんしん保証は初日値付かず/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場は、日経平均が日本銀行・金融政策決定会合の結果発表を挟んで動きを見せるなかで、堅調に推移した。前日上昇の目立ったミクシィ<2121>やSOSEI<4565>がやや伸び悩む一方、OTS<4564>などが個別材料を手掛かりに急伸し、指数をけん引した。また、出遅れ感の強まっていた銘柄にも買いが入った。なお、マザーズ指数は大幅に3日続伸、10月の戻り高値を突破し820pt台を回復した。売買代金は概算で843.20億円。騰落数は、値上がり138銘柄、値下がり69銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、ジグソー<3914>、サイバダイン<7779>、PCIーHD<3918>、AppBank<6177>、UーNEXT<9418>などが堅調。SOSEIやミクシィは小幅高で取引を終えた。OTSやファーマF<2929>、APLIX<3727>、メディア<3815>はストップ高まで上昇。また、地盤ネットHD<6072>、サイバーS<3810>、DMP<3652>、ITBOOK<3742>も10%を超える上昇となった。一方、FFRI<3692>、ブランジスタ<6176>、UBIC<2158>などが軟調。また、フリークアウト<6094>、ヒューマンW<3224>、PATH<3840>などがマザーズ下落率上位となった。
 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したロゼッタ<6182>、あんしん保証<7183>はともに買い気配のまま初値が付かなかった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均