市場ニュース

戻る
2015年11月19日16時33分

【市況】<動意株・19日>(大引け)=ファーマフーズ、トプコン、ジグソー

 ファーマフーズ<2929>=後場ストップ高。同社はきょう、未成熟のバナナ(青バナナ)を発酵した食品である発酵青バナナ末「バナファイン」にインフルエンザウイルス感染症を予防する効果があることをヒトを対象とした試験で初めて確認したことを明らかにした。この成果は、同社およびフードケア(神奈川県相模原市)、ドール(東京都千代田区)、京都府立医科大学、わかくさ竜間リハビリテーション病院(大阪府大東市)の5機関による共同検証。11月22日から23日にかけて開催される「第63回日本ウイルス学会学術会」で発表する予定としている。

 トプコン<7732>=大幅反発。きょう付の日本経済新聞で、「国土交通省は道路建設などの公共事業で、受注企業に小型無人機(ドローン)や自動制御のショベルカーなど、最先端技術の利用を義務付ける検討に入った」と報じられており、建設機械の自動制御に取り組む同社の活躍を期待する買い入っているようだ。IT活用に効率化で、費用の抑制や労働力不足に対応するのが狙いのようで、技術が確立されれば、海外へのシステム輸出の可能性もあることから、将来的な業績寄与への期待も高まっているようだ。

 ジグソー<3914>=後場一段高。ECコンサルティングなどを手掛けるコマースニジュウイチ(コマース21、東京都港区)はきょう、ジグソーとシステムマネージメントサービス契約を結んだと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。コマース21は、ジグソーの自動監視システム「Puzzle」を採用。インフラの課題であるシステムまわりの煩雑な障害対応に対して、自動化技術で対応負荷軽減や処理スピードの向上を図る。

 オンコセラピー・サイエンス<4564>=ストップ高。同社はこの日、8時30分に同社が権利を有する新規医薬品候補低分子化合物(TOPK阻害剤)について、共同研究者のシカゴ大学中村祐輔教授らによる提案が、米国立がん研究所(NCI)のNanotechnology Characterization Laboratory(NCL)が提供するがん治療薬候補化合物特性評価及び安全性評価プログラム(「NCL characterization」プログラム)に採択されたことを発表した。この新規医薬品候補低分子化合物は、リポソーム製剤とした化合物の静脈内投与実験で、マウスに移植した人の腫瘍が完全に消失している。

 大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>=急反発。18日に開催された上期決算説明会で、航空機向けスポンジチタンの在庫調整が15年内に終了し、16年の出荷数量が大幅に伸びるとの見通しが示されたことが好材料視されているようだ。これに伴い、主力の尼崎工場の稼働率も9月の66%から来年3月には93%まで引き上げる方針で、業績への貢献が期待されている。

 学究社<9769>=急反発。同社は18日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受けて、11月25日付で東証2部から東証1部市場に指定されることになったと発表しており、TOPIX連動ファンドなどによる買い需要発生を先取りする形で買いが入っているようだ。同社は小・中学生や高校生向けの学生塾「ena」を展開。16年3月期連結業績予想は売上高96億7900万円(前期比3.9%増)、経常利益14億1300万円(同5.5%増)、年間配当50円を見込んでいる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均