市場ニュース

戻る
2015年11月19日13時20分

【材料】三菱商事が反発、国内大手証券は目標株価引き下げ

三菱商 【日足】
多機能チャートへ
三菱商 【日中足】

 三菱商事<8058>が反発、きょうは朝方から堅調展開となっている。ただ、後場に入り上げ幅を縮小している。大和証券が同社について、目標株価を引き下げるとのリポートをリリースしている。
 同証券は、同社が5日の後場に16年3月期通期の連結純利益予想を3600億円から3000億円(前期比25.1%減)へ下方修正したことについて、主要因は資源価格低迷による収益力低下と指摘。中長期資源価格見通し変更に伴う追加減損リスクも残るとの見解を示し、目標株価は2520円から2160円へ引き下げた。レーティングは「3」を継続している。ただ、新中期経営計画での中期成長戦略、株主還元方針の見直しに注目するともしている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均