市場ニュース

戻る
2015年11月19日11時44分

【材料】注目銘柄ダイジェスト(前場):APLIX、Fベンチャー、JDIなど

東北電 【日足】
多機能チャートへ
東北電 【日中足】


東北電力<9506>:1530円(前日比+32円)
反発。前日はCB発行に伴う潜在的な希薄化が嫌気されて大幅安となったが、本日は投資判断格上げの動きなども観測され、買い優勢の展開となっている。JPモルガン証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価は1800円継続としている。高効率発電所を活用した関東での市場シェア獲得、財務健全化を背景とした増配ペースの加速なども想定されるため、株価は割安であると判断しているようだ。

JDI<6740>:408円(前日比-3円)
売り先行。ジェフリーズ証券では投資判断を「ホールド」から「アンダーパフォーム」に格下げしている。稼働率の低下やサムスンのOLEDとの競争激化などリスクが増大するなか、安値から株価が反発していることを格下げの背景としている。また、シャープの液晶事業売却も、稼働率の低下に伴う大規模な損失が発生し得るなど、中長期的なリスクを高めるとみているもよう。

ピジョン<7956>:3425円(前日比+130円)
続伸。第3四半期営業利益は115億円前後となり、前年同期比18%増になるもようとの観測報道が伝わっている。米子会社の業績が好調で収益を押し上げているようだ。市場予想並みの水準ではあるが、出荷が伸び悩むなど主力の中国市場に対する懸念も強まりつつあったなか、欧米市場の好調が確認された点などは安心感につながる形へ。

大阪チタ<5726>:3480円(前日比+325円)
上昇率トップ。前日には説明会が開催されているもよう。2016年の航空機向けスポンジチタンの出荷数量が前年比60%近く増加する可能性が示されたようだ。野村證券では、20%程度の伸びを見込んでいたことから、大幅増の可能性が示された点はポジティブであると指摘。尼崎工場の稼働率も9月の66%から来年3月末には93%まで引き上げる方針でもあるようだ。

メディア<3815>:775円(前日比+100円)
ストップ高。同社の韓国法人Media Kobo Korea, Incの増資を引き受けると発表している。Media Kobo Korea, Incが韓国KOSDAQ上場のCNPLUS Co,.Ltdの株式を取得するにあたり、資金の一部を補填することを目的にしているという。Media Kobo Korea, IncはCNPLUS Co,.Ltdの株式11.41%を取得し、最大株主となる予定。CNPLUS Co,.Ltdのビジネスネットワークを活かし、韓国及び中国展開に本格的に取り組んでいくとしている。

Fベンチャー<8462>:1231円(前日比-154円)
大幅に3日続落。投資先企業の上場を巡る思惑から、17日に一時1775円を付けるまで急伸したが、その後は利益確定の流れに転じている。本日は東証による信用規制強化も重しとなっている。本日売買分から委託保証金率が70%以上(うち現金40%以上)とされている。また、日証金も貸借取引自己取引分及び非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を現行の50%(同20%)から70%(同40%)とした。

OTS<4564>:364円(前日比+80円)
ストップ高。同社が権利を有する新規医薬品候補低分子化合物(TOPK阻害剤)について、共同研究者のシカゴ大学中村祐輔教授らによる提案が、米国立がん研究所のNanotechnology Characterization Laboratoryが提供するがん治療薬候補化合物特性評価及び安全性評価プログラムに採択されたと発表している。同社は、このプログラムに新規医薬品候補低分子化合物及び関連情報を提供する。

APLIX<3727>:709円(前日比+100円)
ストップ高。ペットトイレや給餌機等のペット用品の利用状況をリアルタイムで外出先から知ることができるBLE/Wi-Fiゲートウェイを設計開発・製造し、米大手ペット用品メーカーに対して供給を開始したと発表している。今回供給を開始したBLE/Wi-Fiゲートウェイにより実現可能となる、ペットの健康管理やペット用品の通販サービスと連携するクラウドサービスを新たな収益基盤にしていくという。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均