市場ニュース

戻る
2015年11月19日09時07分

【材料】ピジョンが大幅続伸、欧米好調で2~10月期2ケタ増益の最高益更新観測

ピジョン 【日足】
多機能チャートへ
ピジョン 【日中足】

 ピジョン<7956>が大幅高で3日続伸、中段もみ合いで売り物をこなし再び上値指向。19日付の日本経済新聞が「(同社の)15年2~10月期業績は、連結営業利益が115億円前後と前年同期に比べて18%増え、この期間として過去最高となったようだ」と報じた。これをポジティブ視する買いが優勢となった。同社株は中国向け売上比率が高いことから、中国の景気減速懸念が高まるなかで8月から9月中旬にかけ大きく売り込まれた。2500円を割り込む場面もあったが、10月以降は回復色を強めている。「主力市場の中国は今夏以降、哺乳瓶などの流通在庫が一時的に膨らみ出荷が伸び悩んだが、米子会社の業績が好調で収益を押し上げた。(同社は)中国が業績を牽引してきたが、欧米も収益の柱に育ちつつある」と伝えており、見直し買いを助長している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均