市場ニュース

戻る
2015年11月19日04時48分

【市況】NY原油:反発で40.75ドル、米FOMC議事録発表後も株高継続で買い戻される


 NY原油は反発(NYMEX原油12月限終値:40.75↑0.08)。41.40ドルを高値に、一時39.91ドルまで下落した。前日の取引終了後発表の全米石油協会(API)の週間統計で、原油在庫が予想外の減少だったこと。また、18日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、国内全体の原油在庫が小幅増にとどまり、製油所稼働率が上昇したことで、買い戻しが先行した。



 その後、EIA週報で原油先物の受け渡し拠点オクラホマ州クッシングの原油在庫やガソリン在庫が、予想を大きく上回る増加だったことから売りに転じ、40ドル割れ。しかし、米FOMC議事録発表後も株高が続いたことで、原油の買いが盛り返したとみられる。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均