市場ニュース

戻る
2015年11月18日16時15分

【経済】【訪日外客数】10月は前年同月比43.8%増の182万9300人、累計では中国が全市場初の400万人超え


日本政府観光局(JNTO)が18日に発表した2015年10月の訪日外客数は、前年同月比43.8%増の182万9300人となった。これまで10月として過去最高だった2014年の127万1705人を55万7595人上回った。また単月としては、今年7月の191万8000人に続き過去2番目の数字となった。1月~10月の累計は1,631万6900人で過去最高だが、2014年の年計1,341万3467人は9月で達成している。

10月は中国の国慶節休暇(10/1-7)とも重なったほか、円安基調の継続と消費税免税制度の拡充による買い物需要、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がり、中国からのクルーズ船の寄港増加、近年の査証免除や要件緩和などの様々な好条件が相まった。

市場別では、カナダ、ドイツが単月として過去最高を更新したほか、ロシアを除く17市場で10月としての過去最高を記録した。また、10月までの累計では、中国が428万4000人となり全市場で初めて400万人を超えた。

11月は、紅葉シーズンの本格化により、アジアを中心とした各市場での需要拡大が見込まれるほか、マレーシアやフィリピンの学校休暇、マレーシアやベトナムからのインセンティブ(報奨)旅行の増加などが需要増として期待される。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均