市場ニュース

戻る
2015年11月18日14時23分

【為替】東京為替:ユーロ下げ渋り、パリ郊外の銃撃戦などの報道受け


ユーロ・ドルは下げ渋り、足元では1.0640ドル台で推移している。一時1.0631ドルまで下落。米国発パリ行きのエールフランス機2便が爆破予告を受け目的地を変更したほか、フランス警察がパリ郊外サンドニで実施した対テロ作戦で、銃撃戦が発生。こうした報道を受け、安全通貨のユーロにやや買いが入った。


ドル・円はもみあい、123円34銭から123円47銭で推移。ユーロ・ドルは弱含み、1.0647ドルから1.0631ドルまで下落。また、ユーロ・円は軟調で131円41銭から131円17銭まで値を下げた。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均