市場ニュース

戻る
2015年11月18日14時03分

【材料】ミクシィが大幅続伸、国内大手はモンストへの高い収益依存度の引き下げ実現には時間を要するとの見解

ミクシィ 【日足】
多機能チャートへ
ミクシィ 【日中足】

 ミクシィ<2121>が大幅続伸。朝方から徐々に上げ幅を拡大する展開。きょうは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がミクシィについてリポートをリリースしたことが確認されている。
 同証券は、同社の15年7~9期決算を踏まえ、16年3月期のEPS予想を減額修正(前回680.3円から今回647.2円)し、目標株価は6000円から5300円へ引き下げられた。ただ、カバレッジセクター内で同社の今後の株価パフォーマンスが相対的に中位になるとみて、レーティングは「ニュートラル」を継続している。同証券ではまた、同社の7~9月期決算説明会で新しいゲームアプリとして2点が開示され、いずれのタイトルもモンストへの高い収益依存度の引き下げが期待されているものの、その実現には時間を要するだろうとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均