市場ニュース

戻る
2015年11月18日11時56分

【材料】椿本チエインが反落、国内調査機関は収益改善基調が続くとの見方

椿本チ 【日足】
多機能チャートへ
椿本チ 【日中足】

 椿本チエイン<6371>が反落。寄り付き直後はプラス圏に浮上する場面があったものの、徐々に売られる展開。現在は本日の安値圏で推移している。
 TIWでは、自動車部品の受注が国内外メーカーを問わず中期的に豊富で、同事業で持続的な収益拡大が見込めると指摘。チェーン、精機、マテハン事業においても、国内製造拠点体質強化やM&Aも交えた海外開拓などにより収益改善基調が続くとみて、レーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均