市場ニュース

戻る
2015年11月18日09時40分

【材料】パナソニックが続伸、京都大とiPS細胞自動培養装置を開発

パナソニック 【日足】
多機能チャートへ
パナソニック 【日中足】

 パナソニック<6752>が続伸。1400円近辺で売り物を吸収する展開。外国為替市場では12月の米利上げを織り込みに行くかたちで円安ドル高が進行、輸出主力株にはフォローの風となっている。同社の16年3月期は車載、航空機向け、白物家電など各セグメントとも好調で2ケタ営業増益が予想されるほか、株主還元にも前向きで市場では増配を見込む声が強い。18日付の日本経済新聞が「(同社と)京都大学は17日、さまざまな細胞に育つiPS細胞を自動培養する小型装置を開発したと発表した」と報じており、目先はこれも手掛かり材料となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均