市場ニュース

戻る
2015年11月17日08時42分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~補正上積み期待と追加緩和を意識したトレードに


17日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:補正上積み期待と追加緩和を意識したトレードに
■外資系証券の注文動向:差し引き200万株の売り越し
■前場の注目材料:・シノケン<8909>、配当合計12.5円→14.25円に増額修正


■補正上積み期待と追加緩和を意識したトレードに

17日の東京市場は買い先行の展開になろう。パリ同時多発テロの影響が警戒されていた週明けの欧米市場は、売りが先行するものの、その後は買い戻しと見られる流れとなった。NYダウは連日200ドルを超える下げの反動もあり、大幅に反発をみせている。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比275円高の19685円となり、これにさや寄せする格好から、幅広い銘柄に買いが向かおう。

また、16日の日経平均は大幅続落ではあるが、8営業日連続で陽線を形成している。週明けの欧米市場の落ち着きにより、仕切り直しの流れに向かいやすいだろう。内閣府が発表した7-9月期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比-0.2%、年率換算で-0.8%となった。2四半期連続のマイナス成長となったことで、今年度補正予算による景気の下支えを求める声が強まっていることから、補正予算が上積みされるとの期待が高まる可能性がある。

さらに、18-19日の日銀金融政策決定会合での追加の金融緩和実施を意識したトレードが入る可能性もありそうだ。テロへの警戒など外部環境の不透明感から上値追いに慎重になりやすいだろうが、押し目買い意欲は強いとみておきたい。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■外資系証券の注文動向:差し引き200万株の売り越し

朝の外資系証券6社経由の注文状況は、売り1550万株、買い1350万株、差し引き200万株の売り越しの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。

11月10日(火):1230万株の買い越し
11月11日(水):130万株の売り越し
11月12日(木):680万株の買い越し
11月13日(金):250万株の売り越し
11月16日(月):10万株の買い越し


■前場の注目材料

・APEC閣僚会議、経産相がTPP参加促す
・富士重<7270>販売計画を上方修正、北米市場来年も伸ばす
・シノケン<8909>、配当合計12.5円→14.25円に増額修正


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・09:30 豪準備銀行11月理事会議事要旨

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均