市場ニュース

戻る
2015年11月16日22時54分

【市況】【市場反応】米11月NY連銀製造業景気指数、4カ月連続減少を嫌気、ドル軟化


 外為市場では低調な米国の製造業指数を嫌いドル売りが優勢となった。ドル・円は123円14銭から122円95銭へ反落。ユーロ・ドルは1.0723ドルから1.0742ドルまで上昇した。

米国11月NY連銀製造業景気指数は-10.74と、10月-11.36から改善したものの、市場予想の-6.50を下回り4カ月連続の減少となった。

【経済指標】
・米・11月NY連銀製造業景気指数:-10.74(予想:-6.50、10月:-11.36)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均