市場ニュース

戻る
2015年11月16日09時06分

【材料】扶桑化学工業が売り気配、公募増資と売り出しを実施

扶桑化学 【日足】
多機能チャートへ
扶桑化学 【日中足】

 13日、扶桑化学 <4368> [JQ]が400万株の公募増資と既存株主による100万株の株式売り出しを実施するほか、オーバーアロットメントによる上限75万株の売り出しを発表したことが売り材料。

 新株発行が最大で発行済み株式数の12.7%におよぶ規模とあって、株式価値の希薄化や株式の需給悪化が懸念された。発行価格は11月24日から27日までのいずれかの日に決定。最大で約56億円の調達資金については、設備資金に36億円、投融資金に12億円、残額を運転資金に充てる。

 同時に、東証が同社を12月7日付で東証1部または2部に市場変更すると発表したが買い材料視されなかった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均