市場ニュース

戻る
2015年11月14日08時53分

【市況】13日のNY市場は下落


NYDOW  : 17245.24 (-202.83)
NASDAQ  : 4927.88 (-77.20)
CME225  : 19415 (-215(大証比))

[NY市場データ]

 13日のNY市場は下落。ダウ平均は202.83ドル安の17245.24、ナスダックは77.20ポイント安の4927.88で取引を終了した。利上げへの警戒感が強まる中、アジア・欧州株がほぼ全面安となったほか、10月の小売売上高や生産者物価指数(PPI)が予想を下振れ、景気後退懸念が拡大したことから売りが先行。軟調な小売企業決算や原油安も嫌気され、終日軟調推移となった。セクター別では素材を除いて全面安となり、小売や耐久消費財・アパレルの上昇が目立った。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比215円安の19415円。ADRの日本株は、三菱UFJ<8306>、資生堂<4911>が小じっかりのほかは、三井住友<8316>、三住トラスト<8309>、住友電<5802>、野村<8604>など、対東証比較(1ドル122.61円換算)で全般さえない。

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均