市場ニュース

戻る
2015年11月13日20時31分

【為替】欧州為替:ドル弱含み、ポジション調整の売り


ドル・円はポジション調整の売りが強まり、122円50銭台まで値を下げている。米ダウ先物が時間外取引で軟調地合いとなっており、欧州に続き米国株も弱含むとの観測からドル売りに振れている。ただ、押し目買い需要が強いため、売りは長続きしないとみられる。


欧州市場では、ドル・円は122円55銭から122円80銭、ユーロ・ドルは1.0752ドルから1.0798ドル、ユーロ・円は132円03銭から132円35銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均