市場ニュース

戻る
2015年11月13日11時00分

【材料】平和が急落、三菱UFJMS証券が目標株価と業績予想を引き下げ

平和 【日足】
多機能チャートへ
平和 【日中足】

 平和<6412>が急落、一時前日比168円安の2206円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が12日付でレーティング「ニュートラル」継続、目標株価を2430円から2040円に引き下げた。遊技機の自主規制強化などを背景としたプレイ魅力の低下による顧客離れと、それに伴うパチンコホールの収益悪化に加えて、新たに、旧基準遊技機の自主撤去、釘調整制限の徹底化、東京地区換金率の変更など、さらに悪化していると指摘。今16年3月期通期業績を連結営業利益で同証券では436億円から会社側計画と同様の380億円(前期実績428億7000万円)へ、来期予想を429億円から373億円へ引き下げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年11月13日 11時01分

【関連記事・情報】

日経平均