市場ニュース

戻る
2015年11月13日09時55分

【為替】東京為替:ドルは122円50銭まで下落、東京株下げ幅拡大でドル買い縮小


ドル・円は122円52銭近辺で推移。日経平均株価は290円安で推移しており、下げ幅は拡大している。ただし、午前中の株安は想定の範囲内との声が聞かれており、リスク回避の円買いを促す要因にはなりにくいとの声が聞かれている。日中においては中国などのアジア諸国の株価動向が手がかり材料になりそうだ。ドル・円は122円50銭から122円68銭で推移。


ユーロ・ドルは下げ渋り、1.0801ドルから1.0817ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、132円35銭から132円62銭で推移。

■今後のポイント
・ある程度の株安は想定の範囲内との見方
・122円台前半には個人勢などのドル買い興味残る

・NY原油先物(時間外取引):高値41.75ドル 安値41.58ドル 直近値41.66ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均