市場ニュース

戻る
2015年11月12日13時58分

【材料】国内大手証券、機械セクターでは工作機械からFAへのシフトを提案

安川電 【日足】
多機能チャートへ
安川電 【日中足】

 野村証券の機械セクターのリポートでは、ショートサイクル(短期循環)の世界半導体投資や中国スマホ向け投資はこれまで大きく調整してきたものの、今後は底入れの時期が近づくと予想。逆に、ミッドサイクルの工作機械(自動車、一般機械の設備投資)は16年3月期上期まで需要と業績がほぼ堅調も、今後は伸びが鈍化するとの見方で、16年3月期は日本売上が省エネ補助金効果で押し上げられたこともあり、17年3月期は前期比小幅減益と踊り場を想定。
 工作機械からFAへのシフトを提案して、個別では、安川電機<6506>、キーエンス<6861>、ミスミグループ本社<9962>、SMC<6273>を買い推奨している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均