市場ニュース

戻る
2015年11月12日13時58分

【材料】サイバーリンクス<3683>---流通業向けサービスの売上増加、通期業績見通しを上方修正

サイバーリン 【日足】
多機能チャートへ
サイバーリン 【日中足】


サイバーリンクス<3683>は、11日の引け後に15年12月期第3四半期(1-9月期)決算を発表している。売上高は前年同期比7.1%増の71.15億円、営業利益は同21.7%増の6.63億円、経常利益は同23.0%増の6.57億円、最終利益は同24.6%増の3.94億円と増収増益となった。

ITクラウド事業では、消費税率引き上げに伴う業務受託等の特需要因はなくなったものの、主力サービスである流通食品小売業向け基幹業務クラウドサービス「@rms基幹」を始め、前年度に事業譲受及び合併により取得した新サービスを含むクラウドサービスの提供拡大により、流通業向けクラウドサービス分野の売上高が増加した。また、法改正に伴うシステム開発案件や自治体向け情報システム構築案件、及び防災システムの大型案件竣工に伴う売上計上により、官公庁向けクラウドサービス分野の売上高も伸びたとのこと。

会社計画に関しては、売上高を91.01億円から92.79億円(前年比4.9%増)、営業利益を6.4億円から7.04億円(同16.5%増)、経常利益を6.1億円から6.96億円(同17.8%増)、最終利益を3.63億円から4.11億円(同6.3%増)にそれぞれ上方修正としている。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均