市場ニュース

戻る
2015年11月12日13時57分

【材料】池田泉州HDが反落、第2四半期は増収増益も純利益の進捗率は47.7%

池田泉州HD 【日足】
多機能チャートへ
池田泉州HD 【日中足】

 池田泉州ホールディングス<8714>が反落。11日引け後、16年3月期第2四半期累計の連結決算を発表した。経常収益は560億3900万円(前年同期比10.5%増)、純利益は85億9600万円(同6.1%増)で着地した。
 有価証券利息配当金の増収を主因として資金運用収益が増加し、株式等売却益の増加により、その他経常収益も増加した。ただ、据え置かれた通期の純利益見通し180億円(前期比2.3%増)に対する進捗率が47.7%にとどまっていることもあり、きょうは一目均衡表の雲の下限を下回って推移している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均