市場ニュース

戻る
2015年11月12日11時57分

【材料】オークマが急落、国内大手証券がレーティングを「バイ」から「ニュートラル」へ格下げ

オークマ 【日足】
多機能チャートへ
オークマ 【日中足】

 オークマ<6103>が急落。直近の足取りは株価1000円台を値固めする展開だったものの、本日の急落でチャート形状が崩れる格好となった。
 野村証券ではオークマのレーティングを「バイ」から「ニュートラル」に格下げし、目標株価を1400円から1150円に大幅に引き下げている。同証券のアナリストは投資判断格下げの理由として「2017年3月期は4期ぶりの減収・3期ぶりの営業減益へ」とリポートで紹介している。
 きょうは機械セクターが売られており、オークマ、牧野フライス製作所<6135>、DMG森精機<6141>などの株価下落が目立っている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均