市場ニュース

戻る
2015年11月12日09時30分

【材料】Eストアー---第2四半期営業利益18.4%増

Eストアー 【日足】
多機能チャートへ
Eストアー 【日中足】


Eストアー<4304>が10日に発表した2016年3月期第2四半期(15年4-9月)決算は、売上高が前年同期比4.0%増の29.71億円、営業利益が同18.4%増の3.57億円、経常利益が同18.3%増の3.58億円、四半期純利益が同19.0%増の2.25億円だった。

システム事業では良品良店シフトにより、店舗数は減少しているが、1店舗当たりの業績は伸長し、目論見どおりの推移となっている。販促事業は盤石になるまで時間を要するが、ようやく顕現在してきている。

16年3月期通期については、売上高が前期比2.6%増の59.21億円、営業利益が同42.4%減の3.29億円、経常利益が同42.8%減の3.29億円、純利益が同37.9%減の2.06億円を見込んでいる。なお、通期計画に対する第2四半期営業利益は、超過達成しているが、上期に計画していた投資が計画通りに進まなかったためとしている。下期にはこれを加えた大型投資を実施する計画としているため、営業利益は対上期で大幅に減少し、△28百万円にとどまる見込みである。結果、通期の営業利益は329百万円(42.8%減)を見込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均