市場ニュース

戻る
2015年11月12日08時26分

【市況】反落としても陽線形状が続く可能性/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 11日のNY市場は下落。ベテランズ・デーの祝日で債券市場が休場となっており、株式相場も終日閑散取引となった。欧州株がほぼ全面高になった流れを受けて買いが先行したものの、軟調な原油相場が嫌気され、前日終値を挟んでもみ合う展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の19685円。
 まずはシカゴ先物にさや寄せする格好から、売り先行の展開になろう。ただ、その後は押し目買い意欲の強さが窺える相場展開が期待される。6営業日続伸と過熱感は想定内であり、一方で明日のオプションSQへの思惑等が意識されやすい。
 5日線辺りが支持線として意識され、ボリンジャーバンドの+2σを挟んでの展開が続こう。反落としても、陽線形状が続く可能性が高いだろう。19550-19750円のレンジを想定。


[予想レンジ]

上限 19750円-下限 19550円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均