市場ニュース

戻る
2015年11月11日08時05分

【為替】今日の為替市場ポイント:ドル・円は123円台前半で推移か、米12月利上げ期待持続でドル下げ渋り


10日のドル・円は東京市場では123円05銭から123円39銭で推移。欧米市場でドルは123円43銭まで上昇したが、123円16銭で引けた。

本日11日のドル・円は123円台前半で推移か。米12月利上げを想定したドル買いは継続しており、新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は123円近辺で下げ渋る可能性がある。

10日の欧米市場ではユーロが一時1.0675ドルまで下落した。欧州中央銀行(ECB)による追加緩和への思惑が広がっているが、ユーロ圏諸国の債務問題に対する市場の警戒感は再び強まる可能性があることから、リスク回避的なユーロ売り・米ドル買いは拡大するとの声が聞かれている。

報道によると、ギリシャのチプラス首相は、20億ユーロの支援金と国内4行の資本増強に必要となる100億ユーロの支援を受けるために、住宅差し押さえ基準の厳格化などの措置を講じるようだ。

しかしながら、ギリシャが支援を受けても大規模な債務減免がなければ、将来的に債務不履行状態に再び陥る可能性は高いとの声が聞かれている。また、緊縮財政策は債務問題を解決に導くことはできないとの見方。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均