市場ニュース

戻る
2015年11月10日13時26分

【市況】13時25分時点の日経平均は35円安、日本郵政、ゆうちょ銀行が上げ幅拡大


13時25分時点の日経平均は前日比35.93円安の19606.81円。後場下げ幅を縮めてスタートし、本日の高値を更新。一時19600円台を回復している。上海総合指数がプラスに転じたことも安心感に。日経平均がマイナス圏で推移するなか、ジャスダック平均、マザーズ指数が一段高となっている。

売買代金上位銘柄は高安まちまち。メガバンク3行がしっかりなほか、ファーストリテ<9983>、ダイキン<6367>、三井物<8031>、東芝<6502>がしっかり。郵政グループ3社は後場も堅調だが、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>が上げ幅を拡大している。なお、通期業績の下方修正を発表した浜ゴム<5101>は急落し、一転マイナスに転じている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均