市場ニュース

戻る
2015年11月09日17時40分

【材料】KLabの第3四半期営業利益は2割増、劇場版「ラブライブ!」きっかけにゲームユーザー回帰

KLab 【日足】
多機能チャートへ
KLab 【日中足】

 KLab<3656>は9日引け後、15年12月期第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表した。売上高は165億7000万円(前年同期比4.0%増)、営業利益は22億7100円(同20.1%増)で着地した。
 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」は、直前四半期中はコンテンツ供給の谷間にあったことで課金控えが発生していたものの、15年6月公開の劇場版「ラブライブ! The School Idol Movie」をきっかけにゲームユーザーが回帰したことで、グループの売上高も回復した。
 据え置かれた通期の連結営業利益は22億7200万円(前期比5.0%増)の見通しで、第3四半期時点でほぼ同水準となっている。
《MK》

株探ニュース


日経平均