市場ニュース

戻る
2015年11月07日08時10分

【市況】6日のNY市場は上昇


NYDOW  : 17910.33 (+46.90)
NASDAQ  : 5147.12 (+19.38)
CME225  : 19460 (+200(大証比))

[NY市場データ]

 6日のNY市場は上昇。ダウ平均は46.90ドル高の17910.33、ナスダックは19.38ポイント高の5147.12で取引を終了した。10月雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を大幅に上回る27.1万人増となったほか、失業率も前月比5.0%に低下したことで年内利上げへの警戒感が高まった。為替相場でドル高が進行する一方で、金利上昇で恩恵を受けるとの思惑から金融関連株が幅広く買われ、終日売り買いが交錯する展開となった。セクター別では、銀行や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で公益事業や不動産が下落した。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比200円高の19460円。ADRの日本株は、オリンパス<7733>、NTT<9432>、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、オリックス<8591>など、対東証比較(1ドル123.13円換算)で全般堅調。
《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均