市場ニュース

戻る
2015年11月04日12時50分

【市況】日経平均は461円高で後場スタート、前引け値から上げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 19145.05 (+461.81)
TOPIX  : 1555.53 (+28.56)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を広げて始まっており、本日の高値を更新している。ランチタイムの225先物はじり高基調が続いており、一時19190円まで上げ幅を拡大。その後は19140-19160円辺りでのこう着だった。昼のバスケットは、小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル121円20銭辺りと、やや円安に振れて推移している。

 セクターでは鉱業、保険、非鉄金属、鉄鋼、ゴム製品、石油石炭、小売、ガラス土石、機械、医薬品などが強い。一方で、不動産が下落率トップ。建設、パルプ紙、などが利食い優勢に。売買代金上位では、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>、かんぽ生命<7181>、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンク<9984>、村田製<6981>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、TDK<6762>、ファナック<6954>が強い。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均