市場ニュース

戻る
2015年11月04日12時44分

【材料】関西電力が反発、国内大手証券は原発全停止でも16年3月期の大幅回復確度は高いと分析

関西電 【日足】
多機能チャートへ
関西電 【日中足】

 関西電力<9503>が反発。買い優勢で始まり、高いところでは前日比37.5円高の1553.5円まで上昇している。
 国内大手証券では、電気料金の再値上げにより、原発全停止でも16年3月期の経常利益が大幅に回復する確度は高いと指摘。原油安メリットが相対的に大きく、石炭関連リスクが相対的に低いことに加え、業績の下振れリスクが低い点が評価される可能性もあるとみて、レーティング「バイ」と目標株価1880円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均