市場ニュース

戻る
2015年11月04日09時34分

【材料】日製鋼が反発、16年3月期営業利益を105億円へ上方修正

日製鋼 【日足】
多機能チャートへ
日製鋼 【日中足】

 日本製鋼所<5631>が反発、一時前営業日比26円高の466円まで買われている。同社は2日の取引終了後、16年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高は2100億円(同7.9%増)、最終損益は67億円の黒字(前期37億4000万円の赤字)の従来予想を据え置いたが、営業利益を100億円から105億円(前期比27.8%増)へ上方修正した。
 産業機械事業でのコスト改善などが寄与しており、あわせて発表した第2四半期累計(4~9月)の連結決算も売上高では従来予想の965億円に対して946億6700万円(前年同期比0.5%増)と計画未達となっているが、営業利益では33億円に対して50億5000万円(同37.5%増)、最終損益で20億円に対して32億4600万円の黒字(前年同期73億4900万円の赤字)と計画超で着地している。

日製鋼の株価は9時31分現在465円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均