市場ニュース

戻る
2015年11月03日12時16分

【為替】東京為替:ドルは120円70銭近辺で推移、中国株反転の期待残る


ドル・円は120円70銭近辺で推移している。上海総合指数の下げ幅は縮小しつつあり、株価反転が期待される状況だが、ドル・円の取引では目立った動きは確認されていないようだ。ドル・円は120円70銭から120円85銭で推移。


ユーロ・ドルはもみあい、1.1007ドルから1.1019ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、132円94銭から133円12銭で推移。

■今後のポイント
・上海総合指数の反転期待
・120円台前半にドル買い興味残る

・NY原油先物(時間外取引):高値46.36ドル 安値46.09ドル 直近値46.27ドル

【要人発言】
・菅官房長官
「地銀のファンド出資へ仕組み検討」(日本経済新聞)

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均