市場ニュース

戻る
2015年11月03日07時18分

【経済】NYの視点:米ISM製造業指数の雇用は6年ぶり低水準


米国民間のISM(供給管理協会)が発表した最新10月ISM製造業景況指数は50.1と、わずかに予想の50を上回り辛うじて拡大基調を維持した。しかし、4カ月連続の低下であり、2013年5月来で最低となった。ドル高や、中国をはじめとした世界経済の低迷が引き続き米国の製造業に悪影響を与えている。

ただ、主要項目の新規受注は52.9と、9月50.1から上昇し7月来の高水準となった。また、生産も52.9と、9月51.8から上昇。一方で、週後半に10月雇用統計の発表を控えて注目されていた同指数の雇用項目は47.6と4月以来の50割れ、2009年8月以来の低水準に落ち込んだ。この冴えない結果を受けて、ISM製造業調査委員会のブラッドリー・ホルコム委員長は、「ひと月の指標の変化に過剰に反応する必要はない」と述べている。しかし、在庫は46.5と1月以来の低水準となったほか、輸出も6月以降、5カ月連続で50割れで活動の縮小を示すなど、ほかにも懸念される兆候も多く見られる。

結果を受けて、アトランタ連銀は10-12月期の国内総生産(GDP)の見通しを、10月末時点の2.5%から1.9%へ引き下げた。同連銀の見通しは、米商務省と類似したモデルが使用されているため注目される。その中で、消費の伸びは2.9%から2.4%へ、投資の伸びは3.9%から1.3%へそれぞれ引き下げられた。金利先物市場での利上げ確率は依然50%にとどまったまま。年内の利上げの可能性にもまだ不透明感が強い。

●10月ISM製造業景気指数:50.1(9月50.2)

新規受注:52.9(9月50.1)
生産:52.9(9月51.8)
雇用:47.6(9月50.5)
入荷遅延:50.4(9月50.2)
在庫:46.5(9月48.5)
顧客在庫:51.0(9月54.5)
価格:39.0(9月38.0)
受注残:42.5(9月41.5)
輸出:47.5(9月46.5)
輸入:47.0(9月50.5)

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均