市場ニュース

戻る
2015年11月02日19時01分

【テク】日経平均テクニカル:大幅反落でパラボリック、MACDの陰転シグナル近づく


2日の日経平均は大幅反落。5日線を下回って始まり、その後は直近もち合いレンジの下限レベルでの推移をみせていたが、後場に入り下げ幅を広げている。これにより10月23日に空けたマドをほぼ埋める流れとなった。ボリンジャーバンドでは+1σをキープできずに割り込んでいる。パラボリックはSAR値が18695円辺りに切り上がってくるため、陰転シグナル発生の確率が高まっている。MACDは下向きとなり、シグナルとの乖離が縮小してきているため、こちらも陰転シグナル発生の可能性が出てきている。一目均衡表では雲上限に跳ね返される格好となり、雲下限に接近。週足形状でも雲上限のほか、基準線を下回ってきている。強弱感が対立しやすい水準であるが、やや弱気に。また、13週線は下向きのため上回っているが、早期に反転を見せておきたいところである。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均