市場ニュース

戻る
2015年11月02日16時17分

【特集】パイプドHD Research Memo(2):情報資産を安全に有効活用するサービスから事業スタート


■会社沿革

(1)沿革

パイプドHD<3919>は、現在の代表取締役社長である佐谷宣昭(さたにのぶあき)氏によって2000年4月に設立された。多くの企業にとって、その顧客の属性やメールアドレスなど、事業上知り得たデータは重要な「情報資産」であり、これらの「情報資産」を安全に預かると同時に有効利用するサービスを事業として開始した。この事業を行うために自社開発したのが、情報管理のためのプラットフォーム「SPIRAL(R)」である(詳細後述)。その後、この「SPIRAL(R)」を中心に各種のアプリケーションを開発し、これらの応用事業を展開しつつ現在に至っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均