市場ニュース

戻る
2015年10月31日02時54分

【市況】NY金:続落で1141.40ドル、米12月利上げ警戒で売り継続


 NY金は続落(COMEX金12月限終値:1141.40↓5.90)。1147.30ドルから1138.40ドルまで下落した。この日発表された米国の経済指標では、7-9月期雇用コスト指数の上昇が注目され(賃金や諸手当が上昇)、連邦準備理事会(FRB)の「12月会合で利上げ検討」への警戒感が強まり、金の売りが先行したもよう。



 その後、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁の「FRBは低金利をかなりの期間維持してきた」との発言。また、国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストのオブストフェルド氏の「FRBによる利上げが大惨事を招く可能性は少ない」と発言が、売りを加速させた可能性。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均