市場ニュース

戻る
2015年10月30日09時46分

【材料】サンワテクノス---第2四半期は7.2%増収、電子部門が2ケタの伸び

サンワテク 【日足】
多機能チャートへ
サンワテク 【日中足】


サンワテクノス<8137>が28日に発表した2016年3月期第2四半期(15年4-9月)決算は、売上高が前年同期比7.2%増の544.57億円、営業利益が同8.7%減の14.17億円、経常利益が同9.7%減の15.45億円、四半期純利益が同6.8%減の10.33億円だった。

部門別業績では、電子部門の売上高が前年同期比11.0%増の404.69億円となった。自動車関連業界向け及び産業用ロボット向けの電子部品の販売が増加した。一方、電機部門の売上高は同2.2%減の101.08億円、機械部門の売上高は同3.1%減の38.80億円だった。電機部門では、半導体製造装置向けのサーボモータの販売が増加したものの、太陽光発電システム向けの制御機器の販売が減少した。

16年3月期通期については、産業用エレクトロニクス・メカトロニクス業界における先行き不透明感が強まってきたことを背景に、業績予想を修正している。修正後の業績予想は、売上高が前期比0.7%増の1120.00億円、営業利益が同19.4%減の28.00億円、経常利益が同20.2%減の30.00億円、純利益が同18.9%減の20.00億円となっている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均