市場ニュース

戻る
2015年10月30日09時02分

【市況】個別銘柄戦略:日銀結果発表前は決算発表を受けての個別物色中心に


日銀による追加緩和策実施の有無で、短期的にはストレートに上下に反応する展開となろう。結果発表前は様子見ムードから方向感のつかめない動きが見込まれる。本格化する決算発表を受けての個別物色の動きが中心に。小糸製、帝人、アルプスなどポジティブと捉えられよう。また、東京電力をはじめとした電力株で好決算が目立っており、電力セクター見直しの動きが強まる余地は大きそうだ。一方、京セラ、エプソン、住友重、ヤマトHD、住友電工、NTTデータ、新日鉄住金など、主力株ではネガティブなインパクトが目立っている。ほか、個別ではインフル治療薬の塩野義、テーマでは中国の一人っ子政策撤廃などが関心を集めそうだ。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均