市場ニュース

戻る
2015年10月29日23時56分

【市況】【市場反応】米Q3GDP速報値/週次新規失業保険申請件数、ドル軟調


 外為市場では米7-9月期国内総生産(GDP)速報値が予想を下振れたためドルが軟調に推移したものの、週次の新規失業保険申請件数が予想を下振れたためドルの下落は限定的だった。

ドル・円は120円99銭まで上昇後、120円80銭へ反落。ユーロ・ドルは1.0977ドルから1.0943ドルへ下落した。

米商務省が発表した7-9月期GDP速報値は前期比年率+1.5%と、4-6月期の+3.9%から伸びが鈍化、市場予想の+1.6%も小幅下回った。週次新規失業保険申請件数は前週比1000件増の26万件と、市場予想の26.5万件を下回った。

【経済指標】
・米・7-9月期GDP速報値:前期比年率+1.5%(予想:+1.6%、4-6月期:+3.9%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:26万件(予想:26.5万件、前回:25.9万件)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均