市場ニュース

戻る
2015年10月29日13時02分

【特集】<話題の焦点>=イラン関連銘柄、経済制裁解除で脚光

 イラン市場を巡る動きが活発化している。7月に、イランと欧米など6カ国との各協議が最終合意に達したことに伴い、同国への経済制裁解除を視野に市場の開拓を目指す動きが表面化している。実際には早ければ来年初ごろに経済制裁は解除されるとの見方がある。

 イランは、人口7800万人を抱えるほか、確認埋蔵量は原油で世界4位、天然ガスでは世界1位の資源大国だ。その成長性は高く、日本のほか欧米各国の有力企業がイラン市場に熱い視線を向けている。

 今月、岸田文雄外務大臣はイランを訪問し、両国間で投資協定を結ぶことで合意した。日本とイランは交通・運輸や環境、医療機器などで経済連携を目指す。

 岸田外相のイラン訪問の際には約20社が同行。伊藤忠商事<8001>や三菱商事<8058>、三井物産<8031>など大手商社や国際石油開発帝石<1605>、JXホールディングス<5020>などエネルギー関連企業、日揮<1963>などプラント企業、日産自動車<7201>やいすゞ自動車<7202>など自動車メーカーがイランでの商機を探りに同行したとされる。

 また、JT<2914>は、イランで第5位のたばこ会社を買収したことが明らかになった。一方、イランの経済制裁解除後は同国産の原油が市場に流通し、原油価格は一段と軟化するとの見方もある。イラン要因は、原油価格には下落要因に働く可能性がある。


◆主なイラン関連銘柄

銘柄<コード>  株価      PER

国際帝石<1605> 1147.5  23.9
日揮<1963>   1959.5  12.3
JT<2914>   4169    15.9
JX<5020>    466.6   7.3
日産自<7201>  1243    10.7
いすゞ<7202>  1419    10.8
伊藤忠<8001>  1518     7.3
三井物産<8031> 1510.5  11.3
三菱商事<8058> 2195     9.9

※10月27日終値(単位:円、倍)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年10月29日 13時02分

日経平均