市場ニュース

戻る
2015年10月29日10時59分

【材料】日立金属が続落、国内大手証券は株価上昇は当面難しいと見てダウングレード

日立金 【日足】
多機能チャートへ
日立金 【日中足】

 日立金属<5486>が続落。安いところでは前日比36円安の1385円まで下落しており、引き続きマイナス圏で推移している。
 国内大手証券では、「中長期での評価は変わらない」としながらも、足元では、中国向けのアモルファス金属の低迷や中国・アジア向けの一部の自動車関連部材需要の低迷、電線材料分野での需要減の影響で、短期業績が停滞すると予想。10月に入ってからも減速感が強まっているとみて、株価上昇は当面難しいと判断。
 レーティングを「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価を2250円から1540円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均