市場ニュース

戻る
2015年10月29日10時53分

【材料】第一実業が連日の年初来安値、国内調査機関は様子見姿勢が支配的になるとの見通し

第一実 【日足】
多機能チャートへ
第一実 【日中足】

 第一実業<8059>が年初来安値を更新。売り優勢で始まり、安いところでは前日比12円安の522円まで下落している。
 TIWでは、「同社株には引き続き割安感がある」としながらも、16年3月期の減益見通しに対する心理的影響は大きく、来17年3月期業績見通しについてもプラントの納期遅延不安、チップマウンタの先行き不透明さなどがつきまとうことから、当面は様子見姿勢が支配的になる可能性が高いと解説。
 レーティングを「1」から「2」に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均