市場ニュース

戻る
2015年10月29日09時03分

【市況】個別銘柄戦略:高寄り後は銀行など金融関連株の行方に関心


FOMC声明を受けの米国株大幅高を背景に、東京市場も買い先行の展開となろう。寄り前の外資系証券フローも増加傾向など、売買ボリュームの増加なども期待されるところ。米国市場で買われた銀行株などの動向が注目される一方、前日に決算を発表している大手証券株などにも押し目買いの動きが向うか注目。また、原油市況の上昇を背景に、関連銘柄の動きは二極化していこう。昨日の決算では、JR東日本、JR東海、オークマなどがポジティブに捉えられよう。一方、コマツ、スタンレー、航空電子といったところはネガティブな反応となりそうだ。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均