市場ニュース

戻る
2015年10月28日11時58分

【市況】東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反発、アクセルMとメタップスが一時ストップ高

 28日前引けの東証マザーズは前日比2.23ポイント高の800.30と反発。
 個別銘柄ではアクセルM<3624>、メタップス<6172>が一時ストップ高。イグニス<3689>、DDS<3782>、データセクション<3905>、GMOメディア<6180>も値上がり率上位に買われた。半面、ビリングシス<3623>、MRT<6034>、地盤ネットHD<6072>、ドリコム<3793>は値下がり率上位に売られた。
 きょう上場したバルニバービ<3418>は公開価格2500円を70%上回る4250円カイ気配のまま取引終了。きのう上場のパートナーA<6181>は公開価格1260円の3.2倍となる4000円で初値をつけた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均