市場ニュース

戻る
2015年10月28日10時35分

【材料】オムロンが急落し値下がり率上位、業績下方修正がネガティブ・サプライズ

オムロン 【日足】
多機能チャートへ
オムロン 【日中足】

 オムロン<6645>が急落。東証1部の値下がり率ランキングの上位に顔を出している。株価は前日比400円安の3845円まで売り込まれる場面があった。27日に16年3月期の連結営業利益を900億円から700億円(前期比19.2%減)へ、純利益を665億円から535億円(同13.9%減)へ下方修正。従来はともに増益予想だったが、一転して減益となる見通し。
 きょうの市場では、オムロンの業績下方修正がネガティブサプライズとなったようだ。SMBC日興証券では「下方修正幅は想定以上でネガティブ、株主還元は想定の範囲内」とリポートで紹介。投資評価「1」を継続しているものの、目標株価を5500円から5000円に引き下げている。
 またアナリストは「悪材料は一旦出尽くしか」ともコメントしており、株価が大きく下がった局面で下値を拾う動きが出てくるか注目されそうだ。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均