市場ニュース

戻る
2015年10月27日18時07分

【テク】日経平均テクニカル:反落、13週線では踏ん張りたいところ


27日の日経平均は反落。利食い優勢の流れが強まり、5日線レベルまでの調整をみせている。ボリンジャーバンドでは+2σと+1σとのレンジ推移。一目均衡表では雲の中での推移だが、やや雲下限が意識されやすい。週足の一目均衡表では雲上限のほか、基準線に上値を抑えられる格好となっている。月足では転換線に上値を抑えられている状況である。75日線に上値を抑えられる格好となったほか、週足では13週線の攻防となり、現在の水準から反発をみせられないと、13週線を割り込んでくる可能性があり、直近の上昇に対する利益確定の流れが続く可能性が高まる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均