市場ニュース

戻る
2015年10月27日15時06分

【経済】SDR構成通貨に人民元採用か


 報道によると、国際通貨基金(IMF)の加盟国が資金を融通する特別引き出し権(SDR)の構成通貨に、人民元が採用される見通しとなったようだ。11月中に開かれる予定の理事会で正式採用について協議されることになるようだ。

 人民元のSDR組み入れについて、年内の発表はないとの見方もあったが、この報道が事実ならば、米国が同意したことになる。経済規模で実質世界トップと言ってもおかしくない国の通貨がSDRの構成通貨に採用されていない状態が続くことは、SDRの価値を低下させることになるとの見方が少なくない。

 また、中国とロシアは貿易決済の非ドル化を着実に進めている。人民元をSDRの構成通貨に採用することはそうした動きを抑制する目的があるのではないか?との声が聞かれている。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均